10/11/10 東武の中期経営計画とふじみ野地域への影響その1~TJライナー増発の方向性も

先月、東武鉄道が、中期経営計画(2010~2013)を発表していました。
東武グループ中期経営計画 2010~2013」の策定について」(東武公式ページ:投資家情報より)

これによると、例によって東京スカイツリー関連がメインになっている印象ですが、東上線関連でもいくつかの項目が挙げられています。

ふじみ野地域でインパクトが大きいのは、「TJライナーの増発」と「東急東横線・みなとみらい線との相互直通運転」だと思います。
後者については、2012年度という時期が示されており、また「東上線新運転保安システムの構築」(新ATC化)が同じく2012年度に予定されています。

前者の「TJライナーの増発」については、時期がわからないのですが、近いかもしれません。
というのは、TJライナー用の50090系電車が今年に入り1編成増備されました。また近々もう1編成が増備されるという話があります。未確認ですが、今週末あたりに甲種輸送というブログ記事もあるようです。
これは、今年度中の増発の可能性が高いように思います。
ただし、2編成だけですと、完全30分毎にした場合予備車がなくなるので、来年もう1~2編成増備して、2012年度の東横線直通対策として、そのときに30分毎のダイヤにする可能性もあると思います。

30分毎の時間帯を限定するか、もしくは40分毎といったパターンを導入するなら、近いうちの増発もありうることになります。

TJライナーの増発は、おそらくダイヤ改正をしないと難しいと思うので、その観点からも考えてみます。
前回のダイヤ改正が08/6でしたが、東上線のダイヤ改正サイクルは、だいたい3~4年であることを考えると、次のダイヤ改正が東横線との相互直通運転にあわせた2012年度でもおかしくないということになります。

しかし、東横線との直通は、順調に言ってもたぶん2012年度の終わり(すなわち2013年3月頃)になると思われ、
そうなると、ダイヤ改正は間に1つ、すなわち2010年度中(2011年3月まで)にあってもおかしくないように思います。東横線との直通も、工事の遅れでもあれば、2013年度になるかもしれません。

いずれにしても、近い将来東上線はまた大きく変わるわけで、楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

10/8/11 少し楽になった朝ラッシュ

今週は、お休みになる職場も多いと思います。
そのため、東上線朝ラッシュも少し楽になってきました。

夜の下りも、行楽帰りの乗客が多い場合もありますが、乗車率は下がっているようです。明日以降も13日に向かって、さらに乗客が減るのではないかと思います。

勤務先は交代で夏休みをとりますので、帰省することのない私は、だいたい盆の時期以外の夏休みとなります。
出張が多い部署にいたときは、この時期も出張先にいることも多かったのですが、今年は通常の出勤になっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

10/7/26 おおい祭り

昨日25日、ふじみ野地域では恒例のお祭りになった、ふじみ野市の「おおい祭り」が開催されました。
私は、午後3時ごろ、行ってみようと自宅を出たところ、あいにく雷雨となってしまい、引き返しました。
おおい祭りは、今年で10回目ということですが、いままでほとんど行ったことがなく、今年は是非行ってみようと思っていたので、残念です。
結局夕食も終わって、雨が止んでいた夜8時過ぎに行ってみたのですが、ふじみ野駅西口前の道路のふじみ野市エリアには、露天がたくさん出ておりまして、たくさんの人でにぎわっていました。
車両通行止めになっている車道にもたくさんの人が歩いていました。

おおい祭りは、当初は行政主導の新しいお祭りのイメージがあり、当時、一部ではその誕生の経緯に穿った見方をする人もいたようなのですが、今、盛大かつ大勢の人たちでにぎわっている様子を拝見していますと、開始当初は存じませんが、現在では行政云々という話ではなく、多くの人たちの手によって開催され、楽しまれている印象を強く持ちました。

今回夜の短い間でしたが、盛大なお祭り会場を歩いていますと、もともとの祭り好きの血が騒ぐというか、なにやら心の底で共感するような思いがこみ上げてくる感じがしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

10/4/24 朝の東上線混乱(4/23)

昨日6:15ごろ、坂戸駅で人身事故のため東上線が一時不通になりました。
6:55には運転再開ということでしたが、その後車内で急病人が発生ということもあって、
ダイヤが大幅に乱れ、振替輸送を行った地下鉄線もかなりの影響が出ました。

影響を受けた皆様、大変お疲れ様でした。
自分も巻き込まれ、会社到着は1時間半遅れになりました。

今回の輸送障害ですが、運行再開後、混雑がだんだんと解消するのではなく、混雑に濃淡が発生していたように見えました。

自分がふじみ野駅に着いたのは、7:40~45の間ですが、この時点では上りホームには人はまばらでしたので、直前に出発した電車の混雑は、少なくとも駅で積み残しが出るほどは混雑していなかったと思います。

その後電車がなかなかやってきませんでした。
ようやくきた準急は、途中駅で加速度的に遅れが拡大していた状況で、大混雑でした。この電車のあとに続いた急行(本来は6:58)も大混雑、この2本は、乗り切れない乗客が多数出ました。次の新木場行きも混雑していました。

また少し間が開き、準急が2本続きましたが、積み残しが出る混雑が続きました。続けてきた通勤急行は比較的空いており、車内の真ん中に入ってつり革につかまれる程度でしたので、この電車に乗車しました。
8:25ごろでした。

その電車はのろのろ状態でしたが、何とか和光市まできました。そこで振替輸送の地下鉄に乗り換えたほうがよい、ととれるアナウンスがあり、かなりの乗客が乗り換えました。この時点では、地下鉄は、混雑していたものの、ぎゅうぎゅうではないように見えました。
ホームで並ぶ人も、いつもの程度だったと見えました。

しかし、MIXIの書き込みを見ますと、地下鉄に乗り換えても池袋にそれほど早くはつけず、
また私の乗った電車が和光市を出た後、和光市駅は混雑が激しくなったようです。

成増からは、各駅停車に変更となり、さらにのろのろ運転が続きました。
東武練馬でかなりの乗車がありましたが、先行する電車の混雑が激しいということかもしれません。
結局、池袋についたのは、9:50でした。

遅延証明は、90分となっていましたが、もっと遅れていた様にも思います。
MIXIの書き込みによれば、同じ時間に60分、120分の遅延証明が出ていたようですね。
それだけ混乱していたということでしょう。

私は先週混雑した車内で足がつってしまい、その影響で腰を痛めてしまったので、混雑がひどい電車に乗るのを控えました。
そのため、東上線の状況をふじみ野駅で40分くらい見ることになりました。

最近、人身事故によるが障害が多く、困ったものです。
東上線は、1箇所障害が起きると全線麻痺、ということが多いのですが、このあたりも改善してもらえるとありがたいですね。

昨夜深夜も下赤塚で人身事故があり、1時間ぐらいストップしたようです。
自分は、21時台に戻ってきたので帰りは平常でしたが、影響を受けた皆様、本当に、お疲れ様でした。

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

10/1/5 仕事始めの帰りの東上線障害

今日は仕事始めでした。

最初なので早めに切り上げたのですが、東上線が人身事故で不通というメールが。
19時前には運転再開していたらしいのですが、混雑もつらいので、丸ノ内線池袋から副都心線に乗り換えることにしました。

副都心線のホームは、あまり混雑していませんでした。
ちょうどやってきた電車は、運悪く西武線方面の急行でしたが、とりあえず乗ってしまいました。車内は席がいっぱいになるくらいの空いている状態でした。
19:05発急行飯能行きでしたが、池袋の時点で、2~3分遅れていたと思います。

ここからが時間がかかりました。

電車が、和光市から順番に立ち往生してしまったようでした。
そして、先行の副都心線電車が千川で止まってしまったため、千川の手前で相当停車してしまいました。10分以上停まっていたのではないでしょうか。

何とか小竹向原に着き、反対側にとまっていた和光市行きにとりあえず乗りかえました。
しかし、その電車も先行電車が詰まっていたため、1駅進んではしばらく停車、という状態で、地下鉄赤塚あたりからようやく通常通りの運転なりました。

地下鉄成増では、次の電車が川越市行きという表示が見えましたので、そこで下車し、すぐに続行してきた川越市行き電車に乗りました。そして、運良く着席できました。

その後は概ね順調に走り、和光市を19:50前後に発車し、急行待ちもなく、ふじみ野駅についたのが、20:07ごろであったと思います

本来なら池袋19:08発の急行に乗れたはずなので、30分くらい遅れたということになりますが、混雑を回避できて、地下鉄成増から座って帰ってきましたので、まあよし、というところでしょう。

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

09/12/2 12/11から羽田空港からのバス便が設定される

掲示板に車内で書き込んだのですが、東上線の車内広告によれば、12/11(金)から、羽田空港発ふじみ野駅行きのバスが設定されます。

現在志木・朝霞台方面、新座車庫行きのバスの、一部の便の行き先を延長する形になります。新座車庫から大和田交差点を右折して、そのまま254号を下るルートを予想していますが、どうでしょうか。

バスのダイヤですが、第2ターミナル発19:10、20:10、21:10、22:20の4便が対象となり、ふじみ野到着は、21:25、22:15、23:05、0:05ということになります。

運賃は、志木・朝霞台と同一の1500円です。

朝霞台から37分、志木から30分、というあたりが評価の分かれるところと思いますが、小さな子供づれのときや疲れているときなどは、良いのではないかと思います。

本日(12/2)現在では、まだ東武のHPでの案内はないのですが、京急バスに出ていました。
京急バスの該当のページ

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

09/11/15 近所の馬頭観音の碑

Koma1952Koma2003

以前紹介した今昔マップを見ていますと、1952年の地図なのですが、稲荷久保公園の北東方向、富士見市勝瀬とふじみ野市駒林の境に、墓碑の記号があるところがありました。しかし、2003年の地図では記載されていません。

そこで調べに行きました。

091108ss001
それは、すぐに見つかりました。実はいままで石碑があることはなんとなく知っていたのですが、あまり詳しく見ていなかったのです。
読んでみますと、『享保十五庚戌天 武州入間郡 奉造立馬頭観音供養佛 十一月吉日 駒林村中』と書いてあるようで、享保15年(1730年)、8代将軍徳川吉宗の時代に立てられた、馬頭観音の文字塔のようです。

Katsu20091115s
これが立っているのは勝瀬の側になるのですが、区画整理の設計図を見ますと、微妙に駒林が食い込んでいるところにあたっており、村のはずれに立てられたということのようです。区画整理前はここから南に向う道路があったようで、道しるべを兼ねていたのかもしれません。

富士見市のHPには、市内の馬頭観音の資料が掲載されており、その中にも道しるべをかねていたものがあったという考察があり、この駒林のものもそうではないかとも思いました。

昔の建造物は、十干十二支で建立の年を表しているものが多いのですが、この碑のように年号と年数が記載されているとわかりやすいですね。

またこういった近所の昔の遺跡を、探してみようと思います。
いずれ本館にまとめて行きたいと思います。(最近多忙で、いつになるかわかりませんが)

この存在を、詳しく語り継いでいる人がいるのかもわからず、またこの碑が造立された経緯も私にはわかりません。
しかし、300年近く駒林を見守り続けていたこの碑、これからも地域を見守り続けていくことでしょう。

参考:富士見市内の馬頭観音(公式HP内)
なお、今回紹介した碑は、境界ぎりぎりとはいえ、富士見市内のものではありません。ですので、この参考資料内には掲載がないわけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

09/10/31 ふじみ野市長選挙雑感

25日にふじみ野市長選挙が行われ、新人高畑氏が当選されました。
ふじみ野市の皆様の「変えよう」という意思の結実であり、心から祝福申し上げます。
そして、新市長の下で、富士見市や周辺との良好な関係の発展ということについても、大いに期待しているところです。

高畑氏には既存政党の支援はなく、組織のしがらみはない、ということですが、草の根的なものも含めた支援の輪が、「市民党」のような組織連合のようになっていたのではないでしょうか。最終的に、高畑候補の、特に上福岡地域での組織基盤は、実質的に磐石であったのだろうと思います。

具体的に何が、ということは書きませんが、そのあたりは富士見市の星野市長の支持基盤と、似ているような気もします。


低投票率の選挙では、形はどうであれ、「組織力」がものをいうということなのでしょう。

ところで、この選挙の投票率は42%台でした。
ただし、前回の市長選が、合併後初の市長選挙で、旧上福岡市長と旧大井町長が対決したということで、盛り上がったと思っていたのですが、こちらは47%台でしたから、今回の42%というのは、それなりということなのだと思います。
(そもそも投票率が低めなのは、問題ですが)

気になることがあり、投票所毎の投票率の推移をまとめてみました。(PDFファイル)
投票率の低下を見ると、旧上福岡市域よりも旧大井町域のほうが大きくなっています。

今回の選挙は、保守系が旧上福岡と旧大井で分裂したと聞いています。
総選挙で、埼玉では全勝した民主党の、埼玉県総支部連合会が推薦し、自民党の大井支部と衆議院議員が全面支援という、磐石の構えに見えました。
民主党、自民党の国会議員も現職を応援し、外野からは盛り上がったようにも見えました。
しかし、大井地域は低投票率でした。

プール事故や多選という逆風の中でもあり、民主党など政権与党の看板を背負った候補を
大井地域の自民党系市議は、積極的に応援しがたい雰囲気と言うこともあったのだと思いますが、有権者も相当な戸惑いがあったのだと思います。

上福岡地域では、投票率の減少に一定の歯止めがかかり、かつ上昇したところもあるのをみると、上福岡地域の自民党系市議も、積極的に活動したように思えます。

そして、全体の傾向ですが、プール事故の影響、多選批判もあるなかで、現職には投票しがたい雰囲気が大きかったのではないでしょうか。
旧大井地域では、それが棄権につながった面もあるのかもしれません。

そしてこの低投票率ですので、総選挙で民主党に吹いた風は吹かなかったと見てよさそうです。

最後に、いろいろな見方があると思いますが、総選挙で民主党に投票した国民の多くが、
きめ細かく民主党の政策を見て支持したわけではないことは、この市長選の結果からも
明らかと思います。国民は、民主党のすべてを支持しているわけではない。
このことをよく考えて、政権党は政策を実行してほしいと思います。

マニフェストに書いてあるという理由だけで突っ走るような政策は、疑問です。真に民意を反映していただきたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

09/10/24 早めの決断が運を呼びこんだ?

今週は、島根に出張していまして、昨日戻ってきました。
羽田空港を18:00頃のモノレールに乗車しましたが、19:00のTJに間に合うだろうということで、ネットでチケットを購入しました。

しかし、天王洲アイルで、先行列車の信号機故障ということで、一時運転見合わせになってしまいました。このためどうやっても19:00には池袋につかないことになり、TJはキャンセルしました。100円の手数料がかかりますが、止むを得ません。
モノレールの信号機故障ですが、「自然復旧」という話で、どうも釈然としませんが、結果的に、その程度で済んだことが、最終的に幸運につながることになります。

モノレールはよく利用しますが、この手の障害は初めてで、遅れということも記憶にありません。

浜松町で山手線に乗り換えたのですが、山手線電車も、先行列車に追いつきがちで、嫌な感じです。東京~上野駅付近では、遅れ気味になっていました。
しかし、231系6M5Tの性能と、デジタルATCの威力でしょうか、池袋の到着は19:06と定刻どおりで、乗換えを急いだところ、19:08発の東上線に乗車できました。
ふじみ野には、若干遅れの19:37に着きました。

帰宅後に東武のメールが届き、ちょうどふじみ野駅に到着した時間に人身事故が発生したことを知りまして、またその後の復旧までに時間がかかったことは、多くの皆様も知っておられると思います。

遭遇したことのなかったモノレールの障害に起因するTJの件は不運でしたが、今思えば、羽田空港第一ビルではまずやらない駆け込み気味のモノレール乗車、池袋での乗換えを急いだことといった、早め早めの決断が、出張疲れの残る中での早めの帰宅という、ちょっとした運を呼び込んだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

09/10/11 東上線不通時のふじみ野駅までの徒歩ルート

先日の東上線の踏切事故の時、自分は運良く妻に迎えに来てもらえましたが、それが不可能なことも十分に考えられます。

ネットサーフィンをしていると、当日は歩いて帰宅された方も結構いらっしゃるようですが、実際どんなルートで、との位の距離があるのか、YAHOO地図で調べてみました。

志木、川越からですと、7~8kmあるので、なかなか厳しい印象です。
南古谷ですと、5.4kmとなりましたので、これですと1時間くらいと思われます。
また、21時台までは、上福岡方面行きの路線バスもありますので、このルートが
良さそうに思いました。

本館にルートをUPしましたので、よろしければご覧ください。

| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧