10/10/5 富士見市第5次基本構想の地域説明会(ふじみ野地域)での衝撃

先日、ふじみ野交流センターで開催された、富士見市第5次基本構想の地域説明会に顔を出してきました。

その中で、衝撃的な話が、出席していた住民の1人からありました。

「引っ越してきて2週間、ゴミを出しにいけない状態にある。」「お隣は、2ヶ月その状態が続いている。」「市には相談しているが、解決しない」
それに回答する担当部長の回答は、問題をすぐに解決に導くようなものではなく、また衝撃を受けました。

ゴミを出せないなどということは、ありえない話だと思っていました。
最終的には、説明会の終了後、出席していた星野市長に促されるように、部長は直接その方のところに話を聞きにいっていましたが、なんともひどい話と思いました。

ゴミを出せなければ、生活は成り立ちません。これでは、基本構想など何をいっているのか、ということになってしまいます。
さらに、出席されていたある民生委員の方からも、衝撃的な話がありました。
「引っ越してきて、ゴミを集積場所にだせないという『仲間はずれ』の話は、他にも発生している。」

富士見市では、住民が決めた集積場所にゴミを置くことになっていまして、市はそこを収集すればよいという考え方らしく、たとえゴミを出せない家庭があったとしても、それは地域社会の問題として、関与しないという話は聞いたことがあります。それも大いに問題ありと思うのですが、今回の話はそういった話でもないようです。
そもそも、家庭ごみの収集は法的に自治体の義務という理解でいただけに、富士見市の対応には、大きな疑問を持ちました。

おまけですが、そのお困りの住民のお話を受けて、ある町会長のお言葉が、

「町会長に相談すればいい。」

これも衝撃でした。そういったことでは問題解決にならないから、わらをもつかむ思いで、その方は、ここにいらっしゃるのではないでしょうか。

熱意を持って活動されていることは承知しており、敬意を表しますが、その活動やご自身の考えが、地域の実情や住民の思いとずれてはいないでしょうか。
長期にわたりTOPにいると、周りが見えなくなる典型だというのは、言い過ぎでしょうか。

いずれにしても、ふじみ野西東の町会は、そこにすむ住民によって、別途再構築すべきという思いを強くしました。そもそも、ふじみ野地域に現行の町会制度を適用するのが無理なのかもしれませんが、何かしらの住民自治の仕組みは必要だと思います。

富士見市が問題に気づきながらもなんとなくごまかしてきたといわれても否定できない、町会問題とゴミ問題。
その2つの問題が、ふじみ野地域で顕在化した説明会だったと思います。

市当局は、これ以上ごまかして、問題を再び潜在化させることは許されないと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

10/8/19その2 旧さかい川(ふじみ野地域を流れていた川)

ふじみ野地域流れていた河川の一つに、旧「さかい川」があります。これは、勝瀬原(富士見市ふじみ野西、東)と大井苗間第一(ふじみ野市うれし野、旭)の境を流れる、現在の砂川堀第二都市下水路となっている河川です。

この都市下水路に関して、防災の観点から調べているのですが、防災というよりも、歴史的な観点での興味がわいてきて、旧さかい川のほうも調べています。
現在の砂川堀第二都市下水路の基点は富士見市の最西端になっているのですが、どうも旧さかい川の水源は、もっと西ではないかと思い、現地を見に行ったり、図書館で調べたりしました。

各種の記述から、旧大井町の赤土原を水源とすることは間違いないのですが、場所についてはどうもここらしい、ということはわかったものの、旧大井町の遺跡地図をみますと、ふじみ野市の公民館赤土原分館のあたりに水源があるようにも見えます。

いつになるかはわかりませんが、旧さかい川と砂川堀第二都市下水路のことをもう少し調べた上で、本館のコンテンツとしてまとめたいと思います。

| | コメント (11) | トラックバック (1)
|

10/8/14 ふじみ野西、ふじみ野東の登記停止解除、しかし一部変更登記もれ

土地区画整理組合から通知があり、勝瀬原地域(ふじみ野東西)の不動産の登記停止が22/7/30付けで解除になったということです。 

富士見市ふじみ野西、ふじみ野東で不動産の取引を考えている人にとっては、今後は売買がしやすくなると思います。未開発の部分の開発の動きも徐々に加速していくと思います。

これで換地処分にかかる変更登記はすべて完了、と思ったのですが、なぜか一部の建物の所在と家屋番号の変更がなされていないようです。
オンラインの登記情報をみていて、見つけました。

既に組合でも調べているということですので、早期に対応されると思いますが、最終段階での事務局の詰めの甘さがでたように思え、遺憾に思います。区画整理の組合員の一人として、組合事務局にはきちんととしていただきたいところです。

ただ、たくさんの土地建物の地番変更作業を短い時間に行いますので、円滑にいかないこともあることは理解しています。今後、適正に変更登記がすべて完了されるように見守りたいと思います。

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

08/7/8その2 ららぽーと富士見問題総括

よくわからないうちに終了となっていた、ららぽーと富士見ですが、あいかわらず公式の発表は無く、私としては、もやもやした状況が続いています。

議会の注目点の中でも取り上げてきたのですが、ここで議員さんがどのように対応してきたのか、対する市役所、市長はどう応えてきたのか、総括する意味でもまとめないといけない、と思っていました。

調べたのは、インターネットで公開されている平成16年以降の市議会会議録です。
結構膨大になりまして、一通り読みましたが、なかなかまとめ切れません。
最終的に、全部を紹介するまでには至らない可能性も高いですが、まずは、全体の概略と、昨年の市民からの陳情、請願に対する対応を本館にまとめました。
よろしければ、ごらん頂きたいと思います。

ららぽーと富士見問題と富士見市議会

調べていて、興味深いことを見つけました。
それは、市長選で、金子立候補予定者(市議時代は、会派は草の根に所属)を支持する党派は、草の根、富士見市民ネットワーク、共産党ですが、この3会派は、昨年9月議会(19年第3回議会)において、いわゆる反対派から出された陳情「市役所前巨大ショッピングセンターの開発は、市民への情報公開と市民合意なしに、許可しないよう求める陳情」にそろって賛成(採否自体は、与党系の反対で不採択)しているということです。

個人的な感想ですが、金子氏が、共産党や富士見ネットから支持を受けたのは、突然の話でもなく、かなり前から準備してきたことなのかもしれないと思いました

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

08/4/13 ららぽーと富士見中止

3/25時点では、「撤退はない」ということでしたが、結局、残念な話になってしまいました。
本館で紹介したように、市議さんのブログがネタ元ですので、間違いないと判断せざるをえませんでした。

多くの富士見市民の夢が、露と消えてしまいました。

市長は、「さらに、市役所周辺を中心とした魅力ある新しいまちづくりを推進するため、シティゾーンへの商業機能などの立地誘導を進めてまいりましたが、今後におきましても最優先課題として取り組んでまいります。」と施政方針で述べていますが、三井不動産が撤退した今、どうするつもりなのでしょう。
平成20年度施政方針

残念な話です。それでも終わった話はきちんと総括して、前向きな発想で新たな富士見市の振興策を考えていただきたいと思います。
この計画が頓挫した本質的な理由を明らかにし、失敗を繰り返さないようにしていただきたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (1)
|

08/1/1その2 桔梗ヶ原緑地

080101s1_2
東上線で、ふじみ野駅を池袋に向かって発車してすぐに左側に見える、5号緑地の話は、本館にもUPしましたが、正式名称「桔梗ヶ原緑地」として、利用開始されているのを確認しました。

桔梗ヶ原というのは、ふじみ野駅ができる前、リズム付近にできるはずだった新駅の駅名でもあり、勝瀬原の開発の原型となった開発構想にも、桔梗ヶ原地域開発基本構想として名前があります。

080101s6_2
ところで、この緑地ですが、今日我が子といっしょに行ってみました。
園内は芝の養生中ですし、木も植えられたばかりです。緑地というより、遊具の無い公園という感じですが、旧大井町側の未開発エリアを間近に見れますので、そういった楽しみも味わえるかもしれません。

我が子は、キックボードをするのに良い、という評価のようです。

また本館のほうに詳しくUPしようかとも思います。

080101s3_2
以前、小さな橋が存在し、人が歩いているのを見たことがありますが、この緑地の整備にあわせてか、撤去されました。

利用していた人には、不便になるとは思うのですが、区画整理の都市計画が決定された地域ですし、やはりきちんと開発して、接続道路を整備していただきたいものです。
勝瀬原でも、その都市計画にあわせて、区画整理が実施されてきており、接続部分の道路も、一部完成しています。

ふじみ野市では、土地区画整理は事実上不可能であるとして、別な形での整備を行う方針のようですが、近隣との整合にも配慮していただけるかも、見守りたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

07/10/2 ららぽーと富士見の説明会に行く

071002_2331001
今日は、(仮称)ららぽーと富士見の説明会『「富士見市山室・勝瀬地区商業施設計画」説明会』が、市役所の主催で行われることを、富士見市議関野議員のブログで知り、ちょっとスケジュールが厳しかったのですが、説明会場のキラリふじみに行ってまいりました。

都合により、質疑応答の前に席を立ちましたが、おおよその計画を知ることができました。

今回の説明会では、市役所からも行政手続や経緯等の説明があり、富士見市役所も本気で取り組んでいることが伺えました。
今回の開発が、富士見市のまちづくりの一環である、という性格を、明確にするものであると感じました。

事業者の三井不動産からも、商業施設の概要の説明がありました。

現在のところ、今年の11月に着工し、平成21年9月に完成、同年秋の開業、という計画になっているようです。

敷地面積151,918.20㎡
建築面積70,187.41㎡
延床面積242,988.30㎡

このあたりは、8月に本館にアップした数字と変わりありません。

懸念されていたことの事業者の解決策をいくつか紹介します。

・住宅地に接した部分は、公園や緑地としている。
・クルマが多い予想ながら、市役所側に交通広場を整備し、バスやタクシーの利便性を高めること、路線バスやシャトルバスの運行を検討する、ということで、極力公共交通の利用へのシフトを図る。
・水害対策に関しては、現行の農地が洪水時の事実上の調整池(湛水区域)となっていることを考慮し、現行の容量を超える調整池を設置して、洪水防止を図る。

といった説明がありました。

説明会の他の内容については、また別途本館で、と思っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

07/9/24 コピスみよしへ行く

東入間青年会議所の主催する、子ども達のふるさと絵画展が展示してあるということで、三芳町役場の隣にある、コピスみよしにいってきました。
最近できたらしく、体育館と一体になっており、なかなかすばらしい設備です。

役場の建物も立派です。
ご破算になったかつての2市2町合併話のとき、ここを新市の市庁舎にするというのは、三芳町に気をつかったわけではなく、本当にそれがよいと判断したからではないか、と思ったりしました。いまさらですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|