11/1/21 県議は国政に挑戦、市議は県政に挑戦

今朝の読売朝刊によれば、富士見市、ふじみ野市旧上福岡市域、川越市をエリアとする衆議院議員小選挙区である、埼玉第7区の自民党支部長に、埼玉県議で富士見市選挙区(西6区)選出の神山佐市氏が就任するという記事がありました。

小選挙区支部長ということは、次期衆議院議員選挙に立候補ということになります。4月の県議選には出ないということになるようです。
衆院選はいつになるかはわかりませんが、不足していると思われる川越や旧上福岡での知名度アップのため、活動されていくのだと思います。

一方、既にご本人が表明され、それを掲載した後援会報もポスティングされていますが、富士見市議の星野光弘氏が埼玉県県議選(西6区、富士見市)に出馬するようです。少し前に新聞でも自民党推薦立候補予定者として報道されたようですね。

富士見市では県議選の投票率は低く、あまり関心がもたれていない印象がありますが、新しい風を吹き込んでいただき、県政への関心アップもお願いしたいところです。

近隣の西5区(旧上福岡)、西7区(旧大井)はどうなるのでしょうか。

西5区では、3年前に現職の失職に伴う選挙があり、共産党の山川寿美江氏が当選しています。
民主党は今回、新たに谷新一氏を推薦するようです。前回推薦候補、補選の公認候補とも違う人です。
当時自民党から出た中野英幸氏は、川越の西8区で出馬となり「転出」します(戻るというべきか)。
自民党系が出ると激戦になりそうですが、どうでしょうか。

西7区は、前回民主党候補者だった民部佳代氏は、市議選に出る(戻る)ようです。自民党現職の土屋恵一氏は出馬すると思われますが、他はわかりません。今のところ、共産党、民主党のHPには候補予定者は出ていないようです。

西5区と西7区の2つの選挙区は、4年後の選挙では1つになるかもしれず、それも加味したような動きになるのかもしれません。
もっとも、単純に合区されて定数2になる保証はなく、周辺選挙区も含めた再編になるかもしれません。

統一地方選では、ふじみ野市議会の選挙もあります。
ふじみ野駅前でも立候補予定者と思われる方々も見かけるようになりました。

まだ気候は寒いですが、水面下では既に熱い戦いが始まっているようです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

11/1/16 1/15熊谷で初雪を観測、ふじみ野地域も初雪?

昨夜、ふじみ野地域でも雪が降りました。積もるほどではなく、舞ったという感じです。
あくまで個人の観測ですが、昨日1/15がふじみ野地域のの初雪、ということになるでしょうか。
なお、熊谷では、昨日が初雪ということでした。
110115m007

写真は、自宅ベランダに降った雪です。

昨年12/30に東京で初雪(みぞれ)になったときは、ふじみ野地域の自宅周辺では降雪は確認できていませんでした。ひょっとするとふじみ野地域でも場所によっては雪が舞った可能性も完全には否定できません。

当地の初雪であったかどうかはさておき、時間としては22:30頃から30分くらい、月明かりが雲間からもれる状態でもありましたが、気がつかなかった方も多かったと思います。

昨夜は、雪が降るかもしれないと、気をつけてみていたのですが、気象庁HPのレーダーの画像や東京アメッシュの画像では、当地に雨雲は確認できませんでした。

ただ、22時前から急に寒くなってきた感じがしましたので、気をつけていました。
このあたり、気象庁のHPのさいたまの10分毎に気温で見ますと、22時には、3.0℃であった気温が、22:10には2.4℃、22:20には1.6℃と急速に下がっておりまして、体感も正しかったということになります。

なお、降雪が確認できた時間帯は、22:30のさいたまの気温は1.4℃、23:00は0.8℃でした。自宅ベランダで観測した値は、地上高が1.5mより高いので参考ですが、それぞれ1.0℃とマイナス0.1℃でした。

本日ですが、さいたまでは10時現在気温3.1℃とあまり暖かくなっておらず、風速7mとやや強くなっています。晴れますが、寒い一日になりそうです。今朝のさいたまの最低気温はマイナス2.0℃でしたが、明日朝はもう少し寒い予報で、マイナス3℃となっています。
もう少し冷えるかもしれません。

今後ですが、1ヶ月予報によれば、まだしばらく寒さが続くようです。

なお、私の個人的な見解ですが、今後~2月3月に冬型の気圧配置が緩むとき、当地でも積雪になるような雪が降る可能性が高いような気がします。
近年は暖冬で、積雪もあまり多くなかったですが、今年は一昔前の冬のような感じでもあり、感覚的にも少々気がかりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

11/1/5 冬らしい冬

この冬は、冬型の気圧配置が長引くことが多く、晴れて乾燥する日が続いていると思います。
ふじみ野地域でも、霜や霜柱が、ほぼ毎日見ることができるくらい、毎朝の寒い日が続いています。

1/5では、最高気温の平年値は9.4℃、最低気温の平年値は-0.8℃となっています。
ちなみに、最高気温の平年値が一番低いのは、1/19~21の8.5℃、最低気温の平年値では、1/23~29の-1.8℃が一番低い値になります。

まだまだ寒くなる、ということになりますね。

この冬の気温については、どのように感じておられますでしょうか。
自分自身は、早朝は大変寒いのですが、日中は暖かいような感じを受けています。
日中暖かい印象なのは、好天が多いということもあるとは思いますが、実際どうなのでしょうか。さいたまの気温で見てみます。
1012_01_5

(12月1日から1月4日までの気温、平均気温、気象庁HPより)

特に先月下旬あたりから、最低気温が平年よりも低い傾向が続いており、朝寒いことは数字からも確かなようです。
しかし、最高気温はやや高めともいえる数字で、やはり体感は間違っていないようです。

平均気温になりますと、多少低めながら、概ね平年どおりのような数値になっています。
この冬は寒いですが、今までのところは、平均にならすと平年並みの寒さ、ということになりそうです。

ただ、また明日以降、さらに寒くなる日が出てきそうです。今日現在の週間予報では、平年並みか平年より低い日が多い、とされています。

まだまだ寒い日が続きそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

10/12/31 ふじみ野地域、周辺地域の1年を振り返る(その3)

商業ではどうだったでしょうか。いくつか採り上げてみます。

富士見市ふじみ野エリアですと、田中青果駅前市場ふじみ野店の開業がありました。
静かにオープンした印象もありますが、主婦層には大きなインパクトになったと思います。
ヤオコー、東武ストアナーレと競合しつつ、どうなっていくでしょうか。

ふじみ野市エリアに対象を広げますと、スタバの開店でしょうか。
地域でもあちこちで話題になりました。

ブックオフふじみ野苗間店の開業もありました。

リズムの活性化の問題もあり、課題も多いふじみ野地域ではありますが、何とか少しずつでも発展していって欲しいと思います。

その他、書ききれないところもあるのですが、とりあえずこのあたりとして、前を向いて来年に向かいたいと思います。

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

10/12/31 富士見市ふじみ野地域、周辺地域の1年を振り返る(その2)

行政に関する話題を考えて見ます。

富士見市では、第5次基本構想と前期基本計画が策定されました。12月議会で議決されたので、来年度からスタートになります。
策定に当たっては、市民会議と審議会という2段階の市民参画をもって案が検討されていきました。
さらに、市長以下幹部も出席する地域別説明会といったことも実施され、今まで以上に市民参画ということを意識されていたと思います。

一般市民の参画ということでは、まだまだ改善の余地はあると思いますが、姿勢としては好ましいと思います。

また、山室・勝瀬の開発(シティーゾーン開発)が、動き始めました。具体的なものではなく、まだ行政や政党を中心とした動きではありますが、なんとか具体化していただきたいものです。

行政ではなく、議会になりますが、議会基本条例に関する動きがありました。
市民意見交換会については、辛口の感想を書きましたが、開催の姿勢そのものは、良い方向と考えています。
さらに議会と一般市民の距離を縮めていただくため、開催形式の改善を図っていただきたいと思います。

また市民の側も、そうした会におけるマナーを身につけるべきと思います。
個人の思いを一方的にぶつけたりする場ではなく、質問を独占することなく、みんなで共有する時間、という自覚をもって、節度ある態度で臨んで欲しいものだと思います。

ふじみ野市側では、タウンミーティングが、細かい地域ごとに行われました。
会場によっては、かなり活発な意見交換があったようですね。富士見市役所でも関心をもっておられる職員がいらっしゃいました。
ただ、役所公式レベルでは、交流は今ひとつであることも顕在化したと思います。

このような取り組みも、内容も含めて近隣自治体どうしで情報交換し、ともに良い方向に向かっていければ良いと思います。

富士見市では既に制定、強化されてきていますが、ふじみ野市でもいわゆる「きれいにする条例」の制定の動きが出てきました。
ふじみ野市議会では継続審議になったものの、方向性としては良いと思います。

いわゆる放置自転車問題なども、ふじみ野地域では両市の共通の課題であると思いますが、
ふじみ野市側も取り組みが明確になり、両市の歩調がそろってきたことは良いことであったと思います。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

10/12/30 ふじみ野地域、周辺地域の1年を振り返る(その1)

富士見市ふじみ野地域、ふじみ野市のふじみ野地域、周辺地域の今年1年を自分なりに振り返ってみたいと思います。

個人的に一番大きなことは、勝瀬原特定土地区画整理事業における換地処分、町名変更でした。登記上の手続きについては、一部建物の移行漏れなどもありましたが、解決したと思います。

ふじみ野東、西という町名に関しては、改めて語る事はしませんが、これまでの経緯等を知ってか知らずか、最近でも、一部マスコミが面白おかしく採り上げていたことは、残念に思いました。

換地処分に伴い、課税面で大きな問題がでてきました。古くは分筆ができなかった、最近でもさまざまな事情で分筆できなかった土地が多数あるのですが、そのままにしますと、固定資産税が共有者のうちの1名のみに送付され、納付に不都合が生じかねない事態になってしまいます。家族で共有であれば問題ないですが、お隣と共有の形になっていますと、問題になるわけです。

これを解消するためには、それぞれの土地を分筆するといったことが必要になりますが、この手続きのため、司法書士、土地家屋調査士などの関係者の方は、年末の仕事納めまで大忙しだったようです。
関係者は、共有者全員、さらにはローンの担保になっている場合は、銀行や保証会社も関係してくるので、思った以上に時間がかかったようです。
該当する方々の手続きが間に合っていればよいのですが。

費用も少なくないと思います。

ただ、市役所も無策ではなく、間に合わなくとも、分筆の手続き中ということであれば、納税に関しては、請求は個々に行う方法を考えている、ということでした。

ふじみ野市エリアでは、駒林の土地区画整理事業の進捗に伴い、住居表示が実施されました。
住居表示ですと、区画整理区域外も一緒に新しい住居にできますので、よいと思います。
ただし、住所と地番が相違することになるので、売買になったときなどは、面倒かもしれません。

富士見市の勝瀬原は、町名変更で地番と住所を一致させていますが、そのため区域外、たとえば勝瀬の西のほうは新しい住所にできないことになります。

そもそも、そこは市街化調整区域なので、新住所にならないのもしかたないように感じますが、いずれにしても、一長一短あるということだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

10/12/20 埼玉改援隊、三芳新町長

あまり関心をもたれない政治関係の話ではあるのですが、今朝地元にも関係する2つのニュースがありました。

まずは、今朝のNHKニュースで報道され、また本日各種メディアで報道されたとおりですが、ふじみ野市の高畑市長など埼玉の4市長が地方主権の推進を目指し、「埼玉改援隊」という政治団体を結成する方向というものです。統一地方選での独自候補擁立を模索する、といった動きもあるようですね。

高畑氏は、昨年の市長選で初当選し、市政の改革を積極的に行っていると見ていますが、埼玉改援隊としても、さらなる飛躍を期待したいと思います。

もう1つは、三芳町長に、現職を破った林伊佐雄氏が初当選というニュースです。祖父、父と町長をなさっていたそうで、3代続けて町長ということになると思いますが、父から直接譲られたという話でもなく、政党の推薦、支持を受けない中で当選されたということで、富士見市、ふじみ野市につづき、東入間地域で「政党のしがらみなし」の首長がそろった、ということを好意的に捉えています。

様々な意見があるとは思うのですが、3代続けて地域を愛し続けてきたということをプラスにして、新しい三芳町を作っていっていただければと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

10/12/6その2 和光富士見バイパス1期区間を通行する

先日、新三郷のIKEAにクルマで買い物に出かけたのですが、外環を利用するため、和光北インターを目指しました。
そのときに、春に開通した和光富士見バイパス1期区間を通行しました。

以前は、脇道ともいえる、車幅制限ポールのある橋や曲がりくねった道を通っていたのですが、わずかの区間とはいえ、快適に通行できて、整備の効果を実感しました。さらに、第二期の部分の早期完成を目指してほしいものです。
完成すれば、ふじみ野地域から外環方面へのアクセスは、かなり良くなると思います。

いつ完成するかについて、富士見市議会の9月議会で取り上げられました。平成29年末に外環まで接続するスケジュールということです。
現政権下で予算が20%削減されたそうで、気になるところですが、なんとか早期開通を願うものです。

本館の「議会の注目点」「地域の道路」「富士見市ふじみ野/勝瀬地域生活道路、周辺道路開通・改良情報」を更新しています。
志木市議会の会議録に書いてある完成目標は平成30年、富士見市議会の会議録に書いてあるのは、平成29年末と微妙に違うのですが、まあ同じようなものと思います。

| | コメント (9) | トラックバック (0)
|

10/10/26 台風14号の進路―ふじみ野地域にも影響があるか?

本日21時現在、台風5日進路予報によれば、台風14号が31日に関東にかなり接近する予報になっています。
20101026_2100_101400

<画像は、26日21時現在のもの。気象庁HPの台風情報の台風5日進路予報の画面から引用>

まだ確度が高いとは言えず、今後進路は変わる可能性もありますが、仮にこの進路どおり進んできますと、当地ふじみ野地域も、台風本体のみならず、秋雨前線の北上・活発化による大雨が懸念されます。
今週後半から来週はじめにかけては、要警戒です。
今週末にお出かけの予定のある方は、最新の気象情報を継続してチェックすることをお勧めします。

ふじみ野地域(富士見市、ふじみ野市)の区画整理地は、調整池も整備されており、洪水は発生しにくいと思いますが、大雨が続いた場合は、周りより低いところでは、区画整理地域か否かを問わず警戒が必要と思います。

また、戸建の場合は、雨水を敷地内処理をしている場合が多いと思うのですが、雨水枡から処理しきれない雨水が流れ出すこともありますので、流されやすいものを戸外に置かないようにしたほうが良いかもしれません。(雨水処理の仕方は、様々あるようですので、一度確認されたほうがよいと思います。)

戸建、マンション・アパートに共通して警戒しなくてはいけないのが、風対策ですね。
当地では、台風が通り過ぎたあとの吹き返しの北風のほうが強いことも多いので、それも要警戒です。

台風が来ると決まったわけではないですが、この機会に防災グッズなども含め、いろいろと確認しても良いかもしれません。

| | コメント (12) | トラックバック (0)
|

10/9/3 今年のふじみ野地域の暑さの理由

今年は、とても暑いですね。私は先日熱中症ぎみになり、さらに胃腸を痛めて脱水症状になってしまい、2日ほど会社を休んでしまいました。
みなさまも、お気をつけください。

この暑さ、ふじみ野地域に限った話ではなく、さいたま南部に言える話ですが、地理的な位置が1つの原因と言われています。東京の暑い空気が下降しやすい地域ということになるようです。

それから、今年の傾向ですが、上空の太平洋高気圧の強さということが暑さの原因の1つと思われます。この高気圧は、熱い空気を持っており、この高気圧からの下降流によって、気温が上がります。

また、下降流ということは、平地では雷雲が発達しにくく、当地ではにわか雨も降りにくい傾向です。

上空の太平洋高気圧は、上空5000m(500hpa)の天気図でよくわかるのですが、これをみますと、5940の高度線で囲まれた部分が、太平洋高気圧の中心になります。
当地は、その中に入っていますね。(日本時間、3日9時)
100903_09jst_sml_00_auas50

出典:気象庁HP船舶向け天気図

そろそろ、涼しくなってきて欲しいところです。
地上でもツクツクホウシがなき始め、ようやく夏が終わりに向っているという印象ではあります。
そして、昨日今日と、上空には巻雲が見られ、季節は秋に向っていることは間違いないと思うのですが、日中の暑さは、まったく衰えません。

この暑さ、明日はもっと厳しくなる予報になっており、さらに来週も暑さは続く予想です。

| | コメント (9) | トラックバック (0)
|