« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

15/3/23 ふじみ野駅発ららぽーと富士見行きバス公式発表

本日、東武バスより、志木駅発およびふじみ野駅発のららぽーと富士見行きバスについてのニュースリリースが発表されました。

4/1「ふじみ野駅東口~ららぽーと富士見」および「志木駅東口~ららぽーと富士見」線の路線新設他について(東武バスOn-Line)

ニュースリリース

ふじみ野駅東口発は、日中は20分~30分毎、国際興業バスとの共同運行とのことです。

路線がどうなるかと思っていましたが、ヤオコー駒林店の横の交差点から県道272号線に入り、駒林東交差点で勝瀬方面に向かい、鶴瀬小の横を通って鶴瀬駅前交差点で県道334号線に入ってららぽーとに直進、という結構大回りのルートになるようです。

計画中の富士見市道5101号線が完成すれば、そちらを経由するルートに変わるかもしれませんが、短縮効果はあまりないですね。ふじみ野市で計画中の苗間神明神社の横の上沢勝瀬通り線が開通すれば、県道266号線にすぐ出ることができて時間短縮効果が高そうですので、そのルートになるかもしれません。もっとも道路の完成後ですので、なるとしても数年先になります。

鶴瀬発便の増便も公表されましたが、こちらは日中は12分毎ということで、結構便利な路線になりますね。

ららぽーとをきっかけとしてのバス路線の整備はありがたいことで、利用率が上がればいいなと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15/3/16 ららぽーとに向かう南畑からの地下道今昔

この前の日曜は、桜の状況を観察し、さらに足を延ばしてオープン前のららぽーと富士見近辺に行ってきました。

南畑方面から、254バイパスを潜ってららぽーとの敷地を通り、ヤマト運輸の営業所の横で市道5137号線につながっていた(旧)市道444号線は、南畑方面から地下道の部分までは残り、地下道部分は歩行者・自転車用道路として整備が終わっていました。
150315m0848

古い写真を整理していたら、2012年5月と2007年9月の写真が出てきました。
120512_p5120007

上:2012年5月、下:2007年9月
20070922m9901_2

ほぼ同じ場所から撮影しています。

田園地帯の風景は一変し、埼玉でも有数のショッピングセンターになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15/3/15 2015桜情報開始

更新をさぼっていた本館ですが、今年も桜情報の更新を行う目途が立ちましたので、2015年版を掲載を開始しました。

よろしければご覧ください。

ふじみ野資料室(本館)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15/3/7 首都高速中央環状線全線開通~過去の思い出

本日首都高速中央環状品川線が開通し、中央環状線の全線が開通しました。
ふじみ野地域から、車で羽田空港に行くときなどは、かなり便利になると思います。

首都高速に関しては、1985年前後の話ですが学生時代にかなり調べたことがあり、中央環状線の歴史についても調べた記憶が残っています。

中央環状線は当初現在の品川線と新宿線の渋谷-新宿間が1期、新宿線の池袋-新宿間が2期、東側の葛飾江戸川線が3期、北側の工事線が4期として、その順番で順次着手することになっていたと思います。

しかし当初1期部分は4車線並行型の高架で建設(当時沿線に住んでいた友人の話)の構想であったこともあり沿線住民の反対が強く、当時の革新美濃部都政が都市計画を発議しなかったことから、記憶ですが71年には76億円(70億円台だったのは間違いないと思います)の予算がついていたにもかかわらず、事業の断念に追い込まれました。

その後ウィキペディアにもありますが、先の友人の話では2階式高架で、という話が来たようですが、やはり反対が大きくまた環境基準が厳しくなったこともあって、再度白紙になったと聞いています。

中央環状線は反対が少なかった3期だけが進められましたが、技術的かつ法的な様々な問題があり、結局開通したのは87年になったと思います。4期だった王子線は、当初84年度に都市計画決定、89年度に開通の予定でしたが、都市計画決定が2年遅れ、その時点では91年開通予定とされました。そしてその後の工事の遅れとバブル崩壊の影響を受けて、結局2002年に開通しました。
(王子線は当時の居住地に近いので、結構よく知っています)

85年ごろ、首都高速公団が発行した広報誌のようなものに書いてあったと思うのですが、公団では当時、今回開通した品川線の事業化に悲観的だったようで、王子線着手の目途が立った段階で新宿線に着手し、なんとか渋谷までは完成させたいといった記述があったことを覚えています。

一時は悲観的な状況まで追い込まれながら、よく品川線を完成していただいたということで、公団を引き継いだ首都高速会社、そして東京都、関係機関の皆様には感謝したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »