« 2013年9月22日 - 2013年9月28日 | トップページ | 2013年10月20日 - 2013年10月26日 »

13/10/17 ふじみ野出張所等の設計概要説明会

16日、ふじみ野交流センターで開催された、「ふじみ野出張所等多目的公共施設~設計概要説明会~」に参加してきました。

この施設が建てられる場所は、ふじみ野駅東口ロータリーの隣接地で、交番の東側になります。ロータリー側と、反対側に2箇所の出入り口ができるとのことです。

4階建ての建物で、中に入る施設を列挙しますと、

1階:ふじみ野出張所、福祉喫茶・軽食スペース、赤ちゃんの駅、展示壁
2階:多目的ホール、オープンスペース、防災備蓄品収納庫
3階:児童館(集会室(幼児室)、学習コーナー、図書室、遊戯室)
4階:食育推進室・研修室

ということです。

開設は、平成27年5月か6月を予定しているようです。

前回との違いは、内容がより明確になったということで、児童館の内容や、食育推進室のコンセプトなども説明がありました。

この食育推進室については、活発に意見が出ていました。
まだ協議中とのことですが、大学と連携して食育推進を図る構想を進めているようです。

参加しての感想ですが、アイム、シティヴェールといった町会を新設した大規模マンションの住民の方々の意見が多く、地域コミュニティが根付いてきているのだな、と感じました。

それから、ふじみ野出張所への期待も大きいのかなと思いました。ここに移転後は、フルサービス出張所となって、現在のふじみ野出張所ではできない異動関係や収納といったことが可能となります。

また、この施設を作って財政的な問題はおきないのか、という参加者の質問がありました。
説明によりますと、これによって、市民が新たに負担増ということはなく、財政的な検討もされているということでした。

この説明の中で、建物にはおよそ5億かかること、しかし、市長が県と補助金等の折衝を直接行う中で、国の補助金の話を引き出すことができて、2億程度は国庫補助になる見込みという話がありました。
富士見市は自主財源に乏しいので、このような補助金があることは大変ありがたいことです。

なかなか表に出ない話ではありますが、星野市長の業績のひとつとして評価できると思います。

これからも、さまざまな関係者の知恵とアクションによって、この施設がすばらしいものになることを願っています。

前回の説明会の概要を以下の記事にしています。ご参考まで。

ふじみ野出張所等多目的公共施設、平成27年度開設へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

13/10/17  富士見市議会9月議会での注目点

久しぶりに本館を更新しました。
9月議会での、勝瀬原の区画整理関係の陳情の採否について記載しました。

今回の議会では、勝瀬原の区画整理に関する陳情3件のすべてが、草の根、共産党、富士見市民ネットワークによって採択が主張されました。最終的には議長の裁決によってぎりぎりで不採択となっています。

うち1件は、ふじみ野交流センターの駐車場が減りかねないことにつながりかねず、採否の現場にいたわけではないのですが、ある種の緊張を覚えます。
この3者の組み合わせは、2007年のららぽーとの陳情を思い出させてしまうということもその感情につながるのかも知れません。

また、今回は2つの議案で草の根の採否が分かれるということがありました。

1つは、新聞でも報道された、日本史の教科書の問題における埼玉県議会文教委員会の対応を批判する趣旨の議案に、伊勢田議員が唯一反対しました。
もう一つは、集団的自衛権に反対する意見書について、八子、伊勢田、今成の各議員が反対しました。

これらの議案に賛成した会派は、共産党、富士見市民ネットワーク、市民の絆(社民系)となっています。

こういった根本的な思想に基づく行動を見ますと、伊勢田議員がきわめて保守思想の持ち主であることが伺えます。そういえば、選挙の時、西村真悟氏の推薦文が伊勢田議員の事務所に貼ってあったのを見たことを思い出して、なるほどと思いました。

逆にこういった根本的な思想が異なるメンバーが集まった会派草の根が、今後どのように向かうのかも見ていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年9月22日 - 2013年9月28日 | トップページ | 2013年10月20日 - 2013年10月26日 »