« 2013年3月17日 - 2013年3月23日 | トップページ | 2013年4月28日 - 2013年5月4日 »

13/4/21 富士見市ふじみ野地域はどうなっていくのか

本館ではレポートしていましたが、今年は桜の花が早かったですね。
先月の市議会議員選挙の投票日でも、すでに満開になっているところがありました。

さて、その選挙で、富士見市ふじみ野地域を住所をもつ議員が4人誕生しました。
域内人口を考えますと、複数の議員がいてもよい地域でしたので、数だけ見ればよいのかもしれません。

しかし、安心してまかせてもいけないと思います。
といいますのは、これら4名の議員のうち、3名が勝瀬原の区画整理のいわゆる反対派の主張に肯定的な会派です。委員会では、これらの会派の議員が多数を占め、委員長ポストを得たところがあります。

勝瀬原のいわゆる反対派は、決して大多数の支持を集めているわけではないですが、彼らの提出する陳情が議会において採択されるという事態も想定しておく必要が出てきたと思います。

そしてあり得るべきではないと思ってはいますが、仮に事態が進行しますと、交流センター駐車場用地への寄付が無効とされ、駐車場が減ってしまい、保育園の送迎なども含めて市民が不便をこうむる事態も想定の範囲になってきてしまいます。
そういう状況になれば、区画整理の清算組合による周辺道路建設にかかる指定寄附もどうなるかわからなくなってしまうでしょう。最終的に金銭で返還となれば、大地権者やそれを支援する会派の議員だけがトクをして、市民は大したメリットもなく逆に不便になるかもしれないのです。

しかし、どうなろうと、それは議員を選んだ市民の責任であり、また棄権した結果なのです。民主主義のルールとして、それは受け入れるしかありません。

少々突飛な想定を書きましたが、ふじみ野地域が将来にわたって良質な住環境を維持し、発展していけるようにしていきたいという思いは多くの市民共通の思いだと思います。
ふじみ野地域の住民として、良好な住環境の維持発展のため、ふじみ野地域の住民が少しでも議会や地域に関心をもつように私も微力ながら努力していきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

13/4/21 富士見市議会の新しい体制

皆様、ご無沙汰しております。

先日、市議会の臨時会が開催され、議長副議長が決まりました。

また、各議員の所属会派も公表されました。
あれ?と思った人もいましたが。

本館も近いうちに更新したいと思っています。

市議会は、一応与党というものは存在しないことになっていますが、これまでの実績を見ていますと、反市長といえる動きをする会派というものは存在します。
とはいえ、市長の提案を全て完全に賛成する会派もありません。

しかし、私が独自に反市長系、条件付き市長賛同系と分けたところ、ほぼ拮抗していると思える状態でした。

副議長人事をみても、今までと状況が違うことがわかると思います。

このような時は、目立った方が有利とばかりに身勝手な主張を繰り返す議員も出てきがちで、議会運営は非常に難しくなり、せっかく進んだ議会改革が停滞する懸念もあると思います。

少なくとも都合の良い話だけを自らの手柄のように主張するような議員がいないかどうか、議会の動向をよくチェックしていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年3月17日 - 2013年3月23日 | トップページ | 2013年4月28日 - 2013年5月4日 »