« 2012年9月 | トップページ | 2012年12月 »

12/10/30 イムス富士見総合病院の小児救急体制拡充

富士見市のイムス富士見総合病院が、朝霞地区(朝霞、志木、新座、和光)の小児2次救急患者を11月から受け入れることになったと読売新聞が報じています。

これは、8月に小児科入院受け入れ休止となった志木市民病院の代わりに県や関係自治体が要請していたもので、県と朝霞地区、さらに富士見、ふじみ野、三芳の3自治体も協定に加わっているとのことです。

富士見市の子育て世帯にも、いざというときに心強い話になると思います。

病院の公式ページを見ますと、6月から小児科拡充のための看護師、保育士の募集をしてきたこと、10月から小児病棟を開設したということがわかります。病院側も準備を進めてきたようです。

イムス富士見総合病院(公式サイト)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12/10/11 富士見ららぽーと計画(三井不動産からの発表)

(仮称)ららぽーと富士見に関して、市役所からの情報発信が積極的になる中で、事業者の三井不動産からの発表がないのが不思議で探していたのですが、既に出ていました。
投資家向け資料の中に「富士見ららぽーと計画」として記述がありました。

三井不動産公式web内 株主・投資家情報
2012年(平成24年)3月期(2012年5月発表)

投資家説明資料

P15の下の方、2014年以降の中に、「・富士見ららぽーと計画(埼玉県富士見市)」と記述あり。

主要プロジェクト

P15上段に「富士見ららぽーと計画」掲載

2013年(平成25年)3月期
第1四半期(2012年8月発表)

投資家説明資料

P15の下の方、2014年以降の中に、「・富士見ららぽーと計画(埼玉県富士見市)」と記述あり。

主要プロジェクト

P17上段に「富士見ららぽーと計画」掲載


今のところ、店舗面積や竣工年月などの詳しい話は出ていないようです。

山室・勝瀬地区商業施設計画については、「ららぽーと富士見」と言われることが多かったと思いますが、三井不動産では「富士見ららぽーと計画」と呼んでいたのですね。

今後具体的な話が発表されていくと思います。
楽しみです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

12/10/9 ららぽーと富士見造成工事の状況(市公式)

多くの市民が注目している(仮称)ららぽーと富士見ですが、現在施工中の状況について、市の公式ページの「市役所前の商業施設整備について」が更新され、現在の取り組み状況の中で紹介されています。


市役所前の商業施設整備について


拝見しますと、キラリの上からでしょうか、この位置からの撮影は全体が見渡せてよいですね。
工事開始前の状況と現在の変化がわかります。
今後も変わっていく様子を紹介いただけそうですね。

市の公式ページで、こういった途中の状況まで紹介いただけるとは思っていませんでした。
市の(仮称)ららぽーと富士見にかける意気込みを表すものの1つと思います。

ここまでこまめに発信いただければ、ありがたいです。
当ブログも補完的になるかもしれませんが、気づいたことを発信していこうと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年12月 »