« 2010年12月26日 - 2011年1月1日 | トップページ | 2011年2月6日 - 2011年2月12日 »

11/1/21 県議は国政に挑戦、市議は県政に挑戦

今朝の読売朝刊によれば、富士見市、ふじみ野市旧上福岡市域、川越市をエリアとする衆議院議員小選挙区である、埼玉第7区の自民党支部長に、埼玉県議で富士見市選挙区(西6区)選出の神山佐市氏が就任するという記事がありました。

小選挙区支部長ということは、次期衆議院議員選挙に立候補ということになります。4月の県議選には出ないということになるようです。
衆院選はいつになるかはわかりませんが、不足していると思われる川越や旧上福岡での知名度アップのため、活動されていくのだと思います。

一方、既にご本人が表明され、それを掲載した後援会報もポスティングされていますが、富士見市議の星野光弘氏が埼玉県県議選(西6区、富士見市)に出馬するようです。少し前に新聞でも自民党推薦立候補予定者として報道されたようですね。

富士見市では県議選の投票率は低く、あまり関心がもたれていない印象がありますが、新しい風を吹き込んでいただき、県政への関心アップもお願いしたいところです。

近隣の西5区(旧上福岡)、西7区(旧大井)はどうなるのでしょうか。

西5区では、3年前に現職の失職に伴う選挙があり、共産党の山川寿美江氏が当選しています。
民主党は今回、新たに谷新一氏を推薦するようです。前回推薦候補、補選の公認候補とも違う人です。
当時自民党から出た中野英幸氏は、川越の西8区で出馬となり「転出」します(戻るというべきか)。
自民党系が出ると激戦になりそうですが、どうでしょうか。

西7区は、前回民主党候補者だった民部佳代氏は、市議選に出る(戻る)ようです。自民党現職の土屋恵一氏は出馬すると思われますが、他はわかりません。今のところ、共産党、民主党のHPには候補予定者は出ていないようです。

西5区と西7区の2つの選挙区は、4年後の選挙では1つになるかもしれず、それも加味したような動きになるのかもしれません。
もっとも、単純に合区されて定数2になる保証はなく、周辺選挙区も含めた再編になるかもしれません。

統一地方選では、ふじみ野市議会の選挙もあります。
ふじみ野駅前でも立候補予定者と思われる方々も見かけるようになりました。

まだ気候は寒いですが、水面下では既に熱い戦いが始まっているようです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2010年12月26日 - 2011年1月1日 | トップページ | 2011年2月6日 - 2011年2月12日 »