« 2010年5月2日 - 2010年5月8日 | トップページ | 2010年10月3日 - 2010年10月9日 »

10/8/14 ふじみ野西、ふじみ野東の登記停止解除、しかし一部変更登記もれ

土地区画整理組合から通知があり、勝瀬原地域(ふじみ野東西)の不動産の登記停止が22/7/30付けで解除になったということです。 

富士見市ふじみ野西、ふじみ野東で不動産の取引を考えている人にとっては、今後は売買がしやすくなると思います。未開発の部分の開発の動きも徐々に加速していくと思います。

これで換地処分にかかる変更登記はすべて完了、と思ったのですが、なぜか一部の建物の所在と家屋番号の変更がなされていないようです。
オンラインの登記情報をみていて、見つけました。

既に組合でも調べているということですので、早期に対応されると思いますが、最終段階での事務局の詰めの甘さがでたように思え、遺憾に思います。区画整理の組合員の一人として、組合事務局にはきちんととしていただきたいところです。

ただ、たくさんの土地建物の地番変更作業を短い時間に行いますので、円滑にいかないこともあることは理解しています。今後、適正に変更登記がすべて完了されるように見守りたいと思います。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

10/8/11 その2 富士見市ふじみ野地域の町名変更の反映状況~不具合も

5月1日に富士見市勝瀬の駅周辺は、ふじみ野西、ふじみ野東に町名変更されました。

しかし、ネットの地図などは、更新が遅いようです。
それでも少し前から、YAHOOの地図は、新しい住所を入れますと位置をちゃんと示してくれるようになっています。(ただし、地図の表示は勝瀬の番地が表示されている)
ふじみ野西東の後に住居表示の変更が行われたふじみ野市駒林元町も同じ状況です。

GOOGLEの地図は、まだ対応してくれていません。

その他、まだあまりふじみ野東西の町名変更が対応されていない状況にあると思います。
少し前になりますが、私がネットである商品を注文したとき、新しい住所がその業者のシステムに登録されておらず、やむなく届け先を旧住所にしたことがありました。

また当地は、区画整理地のため、旧住所では1つの住所が複数の住宅に割り当てられているケースも多く、それが続き番号ではなく飛び飛びに新しい住所が指定されているところもあります。

そんな状況ですので、新旧住所の変換は複雑になっているところも少なくありません。
さらに、過去に富士見市が住所の指定を行うとき、本来は底地(区画整理前に存在していた地番)をもとに指定すべきところ、従前地の地番を指定してしまったようなケースも存在しており、一層連続性が乱れているところもあります。

このような状況のためなのでしょうか、企業で顧客の住所を一括変換したような場合に、間違って変換してしまう事例もでています。
住所変換ソフトの中に、間違っているものがあるのかもしれません。

顧客名簿のメンテナンスのために、当該地にある顧客住所の変換を行うような場合には、念のため、市役所のHPにある「住所変更の新旧・旧新対照表」で確認したほうがよいかもしれません。
富士見市役所公式ページ内『勝瀬原特定土地区画整理事業による町名地番変更』にあります。


また、配達業者のナビゲーションなども新しい住所で検索できないこともあるようで、
古い住所を伝えるとわかってくれるケースもあるようです。

登記所の変更はもうすぐ完了すると思われますが、すべての変更が済むまでには少々時間がかかりそうですね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2010年5月2日 - 2010年5月8日 | トップページ | 2010年10月3日 - 2010年10月9日 »